ドラゴベルデで発表会

イタリアの映画館

ちょっと脇道
元のサイトで完全版を読む
偉そうなこと述べそうですが、「二つの塔」を見た一回しか映画館に入ったことありません。 そんな私でも知っていることを少々。 1.外国映画は吹き替えが一般的 イタリア人は字幕を好みません。 日本では字幕が一般的という話をすると、「だから日本人は英語ができるのね」と言われる。 ち、違うよ。中学高校と少なくとも6年間(人によってはそれ以上)勉強しているのよ。 それでもこのレベルなのよ、いとしいしと。 (注:イタリアで英語は必修科目ではないので、一般的日本人より英語を知らない人がたくさんいます。) 2.途中で休憩時間がある ロード・オブ・ザ・リングのような長時間ものでなくとも、です。 二つの塔では、フロドとサムがファラミアに捕まったところで前半終了でした。 「手を縛れ」って、この人、綺麗な顔して悪者!?とドキドキしたのをよく覚えています。 王の帰還をみるまで、ずっとファラミアのこと誤解したままでした。ゴメンナサイ。 3.入場料は日本の約半額 2003年 二つの塔を観た映画館、7ユーロ。(当時のレート換算で約930円) 日本のレディースデーより安いです。
もっと見る